文書作成日:2017/03/28
納税管理人が死亡した場合

[相談]

 非居住者Aは、出国時に父親を納税管理人として指定し、国内における申告等をおこなっていましたが、納税管理人である父親が死亡しました。
 非居住者Aは、どのような手続きが必要となりますか?


[回答]

 納税管理人の権限は、納税管理人の死亡によって消滅します。

 したがって、非居住者Aは新たに納税管理人を選定し、自らの納税地を所轄する税務署にその旨を届け出る必要があります。また、その届出は以下の事項を記載した書面で行う必要があるとされています。

  1. 納税者の納税地
  2. 個人である納税者が日本に住所及び居所を有しないこととなる場合には、海外における住所又は居所となるべき場所
  3. 納税管理人の氏名及び住所又は居所
  4. 納税管理人を定めた理由
 なお、地方税(事業税、市町村民税、道府県民税、固定資産税など)についても、新たに納税管理人を選定した旨の届出が必要となります(一定の場合には不要です。)。


参考条文:通令39、通基通117関係4、地法28、72の9、300、355


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



国外転出時課税の住民税は?2017/03/21
個人事業者の特定期間2017/03/14
確定申告Q&A/財産債務調書のマイナンバーの記載2017/03/07
確定申告Q&A/贈与税申告のマイナンバーの記載2017/02/28
確定申告Q&A/クレジットカード納付2017/02/21
確定申告Q&A/PDFファイルでの提出2017/02/14
確定申告Q&A/所得税の確定申告書へのマイナンバーの記載2017/02/07
負担付贈与後の受贈財産の譲渡について2017/01/31
雇用促進税制における「同意雇用開発促進地域」の判断2017/01/24
直系卑属への贈与 更正の請求は?2017/01/17
減価償却資産を転用した場合の償却費2017/01/10
住宅の多世帯同居改修工事の特例の事例2017/01/03
加算税率の加重措置2016/12/27
給与の支給が翌月の場合2016/12/20
外国籍労働者の年末調整2016/12/13
休職中の従業員の年末調整2016/12/06
クレジットカードでの納税2016/11/29
多世帯同居改修工事の特例は、住民税でも控除してもらえますか2016/11/22
貸家の贈与後の敷地の相続税評価2016/11/15
構築物の減価償却方法の改正2016/11/08
消費税率引上げ時期の変更/適格請求書等保存方式の導入時期2016/11/01
消費税率引上げ時期の変更/軽減税率制度導入時期2016/10/25
消費税率引上げ時期の変更/経過措置指定日2016/10/18
消費税率引上げ時期の変更/消費税率の施行日2016/10/11
相続時精算課税適用者の3年以内贈与加算の適用について2016/10/04