文書作成日:2017/05/25


 人材不足を補うために、中途採用を行う企業が多くなっています。ここでは平成29年3月に発表された調査結果(※)から、事業所規模別に転職者の現在の職場の満足度をみていきます。




 仕事内容・職種の満足度は、1,000人以上規模で満足の割合が78.9%となりました。その他の規模も67〜71%と高くなっています。一方、不満足の割合はすべての規模で10%未満となりました。




 賃金については、1,000人以上規模で満足の割合が50%を超えましたが、その他は44〜47%にとどまりました。一方で、不満足の割合は25〜29%程度となりました。




 人間関係は、100人以上の規模で満足の割合が60%を超え、99人以下の規模も50%を超えています。一方不満足の割合は、13%程度までにとどまりました。



 D.I.は仕事内容・職種がほぼ60ポイントを超えましたが、賃金は最高でも25.5ポイントで、人間関係は50ポイント前後になりました。企業には、採用した中途社員が定着し、早期に戦力として活躍できるような取組が求められます。


(※)厚生労働省「平成27年転職者実態調査
 日本標準産業分類(平成19年11月改定)に基づく16大産業に属し、5人以上の常用労働者を雇用する事業所から、産業別、事業所規模別に無作為に抽出した17,023事業所とそこに就業している一般労働者の転職者から、無作為に抽出した労働者11,191人を対象にした調査です。事業所調査の有効回答率は61.8%、個人調査の有効回答率は54.4%となっています。



※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。